精神的につらい場合

男女

選び方とその仕組みはどうか

人間はストレスがたまると、精神的におかしくなってくることがあります。特に自律神経などのバランスが崩れてしまうと、その病気が長引くことになるでしょう。結果的にうつ病と診断されることが多くなります。会社員の場合には、何日も会社を休んでしまうこともあり得るわけです。そうすると、十分な生活資金を稼ぐことができなくなってしまいます。もし、そのようなことがあれば、直ちに傷病手当金うつの申請をするのがよいでしょう。傷病手当金うつとは、うつ病になった状態で傷病手当をもらうことをいます。これにより、なんとか生活することができるかもしれませんので気になる場合には一度申請してみると良いでしょう。申請することに対して抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、これは国民に与えられた権利になりますので、それを十分に使うことが重要になります。この時重要になるのは、精神科や心療内科の選び方です。心療内科や精神科を選ぶ場合には、しっかりとした診断書を書いてくれるところが必要になります。なぜかといえば、傷病手当金を申請する場合診断書を提出しなければいけない決まりになっているからです。診断書を提出する場合には、一番最初に通った病院の先生に診断書をもらう必要があります。これは、いくつも病院を変更している場合に必要なことになりますので、病院を最初から変更していない場合にはとくに気にする必要はありません。病院の中には、診断書を積極的に書いてくれないようなところもあります。そのようなところは、なるべく避けるようにしなければなりません。

傷病手当金うつを申請する場合ですが、その仕組みを十分に理解しておくと、後悔しない選択をすることができるようになります。では、傷病手当金うつの場合、一体どのような仕組みを知っておいたらよいのか気になるところですが、まずどれぐらいの期間会社を休んだら傷病手当金をもらうことができるのかを理解しておくべきです。これには決まりがあり、三日連続で休んだ場合にはもらうことができるとされています。この場合、間に休みの日を挟んだ場合はどうでしょうか。たとえば、その会社では土曜日と日曜日は休みの日と定められている場合、金曜日からうつ病が原因で会社に行くことができない時には、土曜日と日曜日を考えずに計算していきます。そのため、金曜日から休んだ場合には火曜日まで連続して休むことが必要です。もし1日でも会社に行くことになれば、その分傷病手当金をもらうことができません。もう一つ理解しておきたいことは、そもそもうつ病になった原因が会社とは関係ないところにあることが重要です。よく、会社を通じてお金をもらうのだから、会社の仕事が原因になっている場合に限られるのではないかと考えている人もいます。しかし、その場合には労災の方でお金がおります。関係ない場所でうつ病になる場合とは、例えば家族の中でうつ病になる原因があった場合や友達関係でうつ病になってしまった場合などです。これは、診断書をもらう時に聞かれる内容になりますので、仕事と関係ない場所でうつ病になったことを明確に伝えることが重要になります。ちなみに、申請をして受理するのとお金を払ってくれるのは会社が加入している保険組合です。

困る男女

傷病手当を申請しよう

傷病手当金うつは、退職日と最終出勤日を同じ日にせず申請してください。傷病手当専用の申請書を用意して、うつ病の担当医によって就労不可能であると証明してもらいます。受給には各条件を満たす必要があり、うつ病でも誰もが対象者になる訳ではありません。
カウンセリング

会社に行きたくない

傷病手当金うつを受給する場合には、生活自体が困窮しないレベルで申請をした方がよいです。申請に関しては、通ることがほとんどになりますがそれでも受給するまで2カ月から3カ月ぐらいはかかってしまいますので要注意です。
カウンセリング

精神的につらい状態

傷病手当金うつでお金をもらう場合には、1年半しかもらうことができないためその間に治療しなければいけません。また、待機期間も最低でも3日必要になります。この場合連続して3日以上休んでいることが傷病手当金をもらうことができる条件になるでしょう。

Copyright© 2019 病院の選び方やその仕組みをよく理解しておきたい All Rights Reserved.