傷病手当を申請しよう

困る男女

うつ病で傷病手当を申請する方法や基礎知識

うつ病を発症し出勤できなくなった人の多くは、金銭的な問題を抱えます。しかし、生活や給料についてなどを考えて無理に仕事を継続すれば、当然ながら病気に良い影響はありません。休職中も金銭が受け取れる傷病手当金うつを受給し、まずは療養するべきでしょう。傷病手当金うつは誰もが受給できる制度ではありません。申請の準備で特に気を付けたいのが退職日についてです。休職する直前、最後の出勤日に就労したと見なされれば、うつによって労務不能になったとは認められません。このため、例えば最終出勤日に、業務の引継ぎなどで半日出勤した場合は傷病手当が受給できないか、もしくは打ち切られてしまいます。最終出勤日に傷病手当金を受給可能な状態か、受給している場合に金銭が支給されると言う規定があるからです。傷病手当を申請する際は、どうしても退職日に出勤しなければならない場合は、欠勤の扱いにするか有給休暇の扱いにして処理をすると言う準備が必要になります。申請に必要な書類は、全国健康保険協会か企業が加入している健康保険組合にある傷病手当金用の申請書類です。この申請書類には、うつ病によって就労不可能な状態であることを医師に証明してもらう必要があります。うつ病の治療で通院している病院の担当医に傷病手当金の受給をしたいと伝えて、診断内容を申請書類の証明欄に記入してもらってください。診断結果によって業務が困難な状態ではないとされれば受給は不可能です。また、傷病手当で受け取れる金額よりも多い報酬を受け取っている場合も支給されません。

傷病手当金うつを受給するには一定の条件を満たす必要があります。まず、労働者だと確認できる人でなければ支給されません。支給対象と証明するために健康保険の種類が社会保険である必要があります。国民健康保険は例えば自営業者などが加入する健康保険ですので、労働者だとは認められないのです。次に、連続して3日間出勤できず、4日間以上就労できない状態までうつ病が悪化している必要があります。加えて、出勤しなかった期間は報酬が支払われていない状態でなければなりません。当然ながら、有給休暇で会社を休んでいた場合は該当しないので注意が必要です。以上の条件全てが当てはまる場合に、はじめて傷病手当金うつを申請できます。とは言え、連続して3日間出勤しなかった期間については、待機期間と見なされ傷病手当は受給できません。傷病手当で受給できる金額は、就労しなかった一日に対して、標準報酬日額から2/3の金額を受給できます。報酬には基本給や残業手当だけでなく、通勤手当や住宅手当など労働によって受け取れる金銭も含まれます。ただし、年に3回以下までのボーナスは標準報酬月額に含まれません。標準報酬日額は標準報酬月額を30日間で割り、10円未満は四捨五入した金額で算出されます。傷病手当は受給する原因となった病気だと医師に診断されてから1年6カ月間を最長として支給されるものです。これは、ひとつの病名に対して用意された最長の受給期間ですが、うつ病の場合だと、例えば病名が異なるほかの疾患を発症しても同一の病気だと判断されるため、1年半以上は連続して支給されません。

Copyright© 2019 病院の選び方やその仕組みをよく理解しておきたい All Rights Reserved.